2013年09月11日

ユニフィル第32回定期公演|アルト 阪口直子氏より

ユニフィル第32回定期公演にご出演頂く、アルト 阪口直子様より
コメントをお寄せいただきましたのでご紹介させていただきます。

私はこの度の出演を心より嬉しく思っております。理由のひとつは、松岡氏の指揮でレクイエムに挑めること。もうひとつは(私事で恐縮ですが)私の出身地であり現在も住んでおります大田区の区民ホールアプリコで、大田区を本拠地としていらっしゃるユニフィルの皆様と初共演できることです。楽しみです。
私が声楽を学ぶきっかけとなった曲は、中学の教科書に載っていたモーツァルト《魔笛》のパパゲーノのアリアのように記憶してます。その音楽の躍動感、バランスの妙、そして輝かしさに心を奪われました。それから次次にアリアや歌曲に惹かれて声楽家を目指しました。音大卒業後、モーツァルトの宗教曲を歌う機会に恵まれ、今日に至りますが、
モツレクは歌う度に、峻厳さと慈愛ある優しさを併せ持つその音楽に心が凛とさせられます。今回、共演のすべての皆様と丁寧な演奏をもって、精神性の高いモツレクを目指したいと思います。
(アルト 阪口直子)

◆阪口直子氏プロフィール
sakaguchinaoko.jpg武蔵野音楽大学卒業。東京藝術大学大学院修了。三池三郎、G.ファブレットの各氏に師事。武蔵野音楽大学在学中に音大オペラ公演の「コジ・ファントゥッテ」ドラベッラ役で出演。大学院在学中には、藝大定期演奏会のヴェルディ「レクイエム」およびバッハの「ロ短調ミサ」のアルトソロを務める。1984年度文化放送音楽賞受賞。1985年イタリア・シエナのキジアーナ音楽院の夏期講習に参加し、最優秀賞を受賞。「第九」「メサイア」をはじめヴィヴァルディとペルゴレージの「スタバト・マーテル」、バッハの「クリスマス・オラトリオ」、モーツァルト「レクイエム」「ハ短調ミサ」、ロッシーニ「小荘厳ミサ」、メンダルスゾーン「エリア」(N響定期、サヴァリッシュ指揮)、等のソリストとして活躍。オペラではチェスティ「オロンテーア」コリンド、モーツァルト「フィガロの結婚」マルチェリーナ、ロッシーニ「ランスへの旅」メリベーア伯爵夫人を演じる。アンサンブル《BWV2001》メンバー、日本フォーレ協会、日本ロッシーニ協会会員。国立音楽大学非常勤講師。

<ユニフィル第32回定期公演> チケット好評発売中!
日時:2013年9月20日(金)19時開演(18時開場)
場所:大田区民ホール アプリコ大ホール
曲目:モーツァルト 交響曲第40番ト短調 K550
   モーツァルト 「レクイエム」ニ短調 K626

指揮:松岡 究
ソプラノ:佐々木典子/アルト:阪口直子
テノール:鈴木 准/バリトン:萩原 潤
管弦楽:東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団
合唱:東京ユニバーサル・フィルハーモニー混声合唱団
合唱指揮:北川 博夫 

チケット:S席 7,000円/ペア席 13,000円(2枚1組)
     A席 5,000円/B席 3,000円

チケット購入について問合せ先:
ユニフィル事務局 TEL:03-3766-0876
posted by 東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団 at 14:43| Comment(0) | 第32回定期公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。